憧れの“田舎暮らし”実現を自治体も後押し。「お試し移住」体験者に聞いてみた – エキサイトニュース



田舎暮らしに憧れはあっても、なかなか一歩を踏み出せない。そんな人におすすめしたいのが、リーズナブルな滞在費で一定期間住みたい地域に暮らしてみることができる「お試し移住」。全国的な広がりを見せているこの取り組みについて、今回は、特にお試し移住が盛んだという北海道と近年移住者が倍増しているという静岡県の事例を見ながら、その実態に迫ってみたい。

就業体験つきで宿泊費が無料の場合も! プランはさまざま

「お試し移住」「ちょっと暮らし」などと呼ばれ、行政やNPOが手がける移住体験住宅が全国にあることをご存じだろうか。なかでも北海道は、人口減少に歯止めをかけるための移住促進事業をはじめた十数年前より、いち早くお試し移住の取り組みも行っていたことなどから、現在、道内各地でこの取り組みが広まっている地域だ。

1週間から1、2カ月ほどの利用ができ、利用料も一般住宅の賃料やホテルの宿泊費などより割安に抑えられているケースが多い。お試し移住の情報が掲載されているNPO法人「住んでみたい北海道推進会議」のホームページ「北海道で暮らそう!」では、約100市町村のお試し移住情報が掲載されており、幅広い移住体験のプログラムが用意されている。

この「住んでみたい北海道推進会議」が実施した「北海道移住体験モニター」へ応募し、筆者の住む北海道岩見沢市を訪れた夫婦がいる。2016年12月に8日間滞在した、大阪在住の熊田誠治さん、明子さん夫妻(ともに51歳)だ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す