高知県ゆかりのITエンジニア・クリエイターが集う交流イベントを都内にて開催。県知事や豪華ゲストが登壇 – 時事通信



[エイチタス株式会社]

高知県に縁のあるITエンジニア・クリエーターのコミュニティ「高知家IT・コンテンツネットワーク」結成へ

エイチタス株式会社(東京都千代田区/代表 原亮、小澤剛)は、2017年9月9日に紀尾井町のヤフーLODGEにて、高知県主催による「高知家IT・コンテンツネットワーク交流会Vol.1」を開催します。

高知県では、首都圏で活躍する県出身者や高知県に関心のあるITエンジニアやコンテンツのクリエーターを「高知家IT・コンテンツネットワーク」としてコミュニティ化し、高知県へのUIターンの促進や、県を離れて首都圏へ飛び立つ若手をサポートや、高知県でのIT関連のビジネスおよび諸活動に参画をするプレーヤー層の拡大を狙い、高知県に縁のあるITエンジニア・クリエーターが活躍できる場づくりを目指します。

上記交流イベントはその活動の一環として行われるもので、尾﨑正直高知県知事や、IT業界のキーパーソンとして元AWS小島英揮氏(土佐高校出身)や株式会社アイレップ代表取締役社長CEO紺野俊介氏が登壇するほか、地元企業4社の紹介プレゼンを予定。土佐料理を取り入れた懇親会なども行われます。


「高知家IT・コンテンツネットワーク交流会」(以下、本イベント)は、年度内に2回の開催が予定され、今回はその第1弾として開催されます。参加対象者は、高知県出身のITエンジニア・クリエーターのほか、高知県に関心のある人や、首都圏の大学、専門学校等へ進学した県出身の若者などを想定しています。

高知県では、すでに首都圏のIT企業による支社やサテライトが立地されています。本イベントでは、首都圏で高知県をテーマにITエンジニア・クリエーターといったデジタル領域での作り手を集めることで、そうした領域での企業や人の誘致をさらに活性化させ、県内でのITビジネスの発展につながる活動への発展を期待するものです。

また、参加をするITエンジニア・クリエーターに対しても、高知県内で行われている活動や地元企業の情報などを展開することで、高知県での様々ななビジネスや活動に参画できる機会を広く提供することが可能となります。

こうした活動を継続的に行うため、「高知家IT・コンテンツネットワーク」が結成され、会員を募集しています。今後は、県主催の交流イベントのほか、会員による活動なども順次企画していく予定です。

「高知家IT・コンテンツネットワーク交流会 Vol.1」の概要は下記のとおり。

▼日時:2017年9月9日(土)13:00-18:00(開場 12:30 ※懇親会 16:30-18:00)
▼会場:Yahoo! JAPAN「LODGE」
※アクセス https://lodge.yahoo.co.jp/access_pc.html
(東京都 千代田区紀尾井町1-3 17F)

▼定員:50名
▼参加費:無料(要事前申込/別途懇親会費 2,000円)

▼お申込み:下記URLよりお願いします。
http://peatix.com/event/289079

▼プログラム(予定)
12:30-13:00 開場 / 受付開始
13:00-13:10 開会のご挨拶 (尾﨑正直 高知県知事)
13:10-14:50 基調講演
1.紺野 俊介 氏(株式会社 アイレップ 代表取締役社長CEO)
「いま インターネットの世界で起きていること」(仮)
2.小島 英揮 氏(パラレルマーケター/エバンジェリスト)
「外のモノサシを知ろう! ~外資、ベンチャーでの経験から語る越境の大切さ~」(仮)
14:50-15:30 参加者交流ショートワーク
15:30-16:30 高知県内企業4社によるプレゼン
16:30-18:00 高知の地元食材を使った料理による懇親会 + ライトニングトーク
18:00    終了予定

▼主催:高知県
▼協力:ヤフー株式会社
▼運営:エイチタス株式会社

▼登壇者プロフィール(順不同/敬称略)
紺野 俊介

株式会社アイレップ代表取締役社長CEO
株式会社レリバンシー・プラス 代表取締役社長
北京艾睿普广告有限公司(北京アイレップ) 代表
大学卒業後、EDS Japan(現:日本ヒューレット・パッカード)を経て、2003年株式会社アイレップに入社。広告運用の体系化などトップコンサルタントとして数多くの大手クライアント企業のデジタルマーケティング施策を成功に導く。2009年より代表取締役社長。インターネット広告市場拡大に貢献し、2017年にD.A.コンソーシアムホールディングス、およびデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社取締役就任。業界団体など複数の役員を兼任。

小島 英揮

パラレルマーケター/エバンジェリスト
元 Amazon Web Services Japanマーケティング本部長、
現:ストライプジャパン、ヌーラボ、InstaVR、
イベントレジスト、MOONGIFT 他
土佐高校、明治大学卒業後、25年以上IT業界でのマーケティングに従事。アドビシステムズ等を経て、2009年よりアマゾンのクラウド事業AWSの日本におけるマーケティングを統括。2017年より「クラウドの次に来る不可避な流れ」に関わるビジネスに「新しい働き方」で携わるべく、InstaVR、Stripe、ヌーラボ、イベントレジスト、MOONGIFT等で、パラレルキャリアを実践中。高知県出身。

▼高知県内プレゼン参加企業
株式会社アイレップ
アイレップは広告主のマーケティング成果を最大化するデジタルマーケティングエージェンシーです。国内圧倒的ナンバーワンのSEM領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業を加えることで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導くエージェンシー」の立場を確固たるものにしていきます。
http://www.irep.co.jp/

株式会社SHIFT PLUS
SHIFT PLUSは2015年4月に高知で設立され、ソーシャルゲームの品質保証とカス タマーサポートが主な事業です。今後は「高知から付加価値の高い事業を世界へ」というビジョンを実現するため、ICTやIoTに関連するサービスの開発や、AIを取り入れたカスタマーサポートなど、最先端のIT技術を活用した事業展開を行っていきます。SHIFT PLUSでは、チャレンジを心から楽しみ、自ら考え行動し、周りにプラスの 影響を与えられる人材を求めています。
http://www.shift-plus.jp/

株式会社Nextremer
Nextremerは東京と高知に拠点があり、人工知能を活用した対話エンジンを開発しているベンチャー企業です。私たちは、AIを高知の新産業にするべく「人”高知”能」計画というプロジェクトを進めています。高知の特性を活かした都市ではできない研究を、最先端の技術で実装しています。地方でも尖った技術で開発したいエンジニアやビジネススケールを求めている方を募集中です。
http://www.nextremer.com/

パシフィックソフトウェア開発株式会社
昭和47年の創立以来、高知を拠点に制御ソフトウェアの開発を手掛けてきました。現在は72名の社員で工場や物流センター向け制御ソフトウェアをはじめ、大型店舗向けの販売管理・電子決済ソフトウェアやレーダー・電子装置の制御ソフトウェアなどを高知で開発しています。また、ソナーやGPSを使った海洋土木向けシステムの自社開発やイタドリの皮剥ぎ装置など、最先端テクノロジーを駆使した高知らしい「ものづくり」に挑戦し続けています。高知が好きな人、ITで未来を変えたい人を募集しています!
http://www.pacificsoftware.co.jp/

企業プレスリリース詳細へ (2017/08/09-13:41)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す