日本人向け観光の「直訳」はNG



日本人向け観光の「直訳」はNG

 指摘すべき点はまだあります。日本人向けの観光と外国人向けの観光では、興味の対象が変わるという点も気づいていない人が多い。

どういうことでしょうか。

ラソン:地方に多いのですが、これまでインバウンド対策など考えていなかった。観光と言えば日本人を対象にしていたところがほとんどです。ただ、日本人向けの観光名所をそのまま翻訳すれば人気が出るかと言えば、そうではありません。

 よくあるのが「歴史の舞台」の解説です。史実で重要な役割を果たしたという点で、観光客に推したいのは理解できます。しかし、外国人の多くは「源平合戦」など知りません。その人たちに、源平合戦のナニナニで誰々がナニをした。と説明しても、正直あまり楽しくはない。小学校の修学旅行や遠足で、(当時は)興味のなかった名所を強制的にめぐらされているような感覚になる(笑)。

甘酸っぱい思い出!すごく分かります(笑)。

ラソン:一番の問題は、それら課題を日本人だけで解決しようとする点でしょうか。外国人が感じる障害を解消するのだから、そのチームには外国人が入るべきだと思うのです。ただ、多くが、日本人だけでチームを作ってあれやこれや考えがち。一生懸命考えていらっしゃるのですが、どこかお金のかけるポイントがずれるケースも散見します。お客さん=外国人の目線をどれだけ入れられるか。それが、インバウンドをより一層盛り上げられるポイントになると思います。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す