川魚で出汁をとる「ごちそう喜連川ラーメン」 – エキサイトニュース



11月13日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後15時40分~)では、この秋に行きたい道の駅を特集した中で、「竹末・道の駅本陣」(栃木県さくら市)が紹介された。

道の駅内で営業し、ラーメンなどが味わえる同店。新名物として紹介されたのが「ごちそう喜連川ラーメン」(900円/税込)で、こちらは行列の出来る人気ラーメン店が道の駅の為に開発した一杯なのだそう。

お店を訪れたスギちゃんはスープを頂くと、「美味しい、あっさりしてる」とコメント。スープは鶏の出汁をメインに鮎と大型ニジマスの出汁を使用。栃木県で養殖されている大型のニジマスを、臭みをとるために一度焼き、鶏がらスープで煮込んでおり、川魚で出汁を取っている全国的にも珍しいラーメンだ。

チャーシューも熟成庫で熟成された牛ハラミチャーシューを使用しているのだそう。スギちゃんは「味が滅茶苦茶濃厚で、口に入れた瞬間ぶわーって、かおりがする」と絶賛した。大型ニジマスとウナギのペーストを添えて味を変え、最後まで飽きずに食べる事が出来るのでオススメだ。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す