旧舂米学校の歴史 写真で振り返る 道の駅富士川【地域/山梨】 | さんに … – 山梨日日新聞



 富士川町青柳町の道の駅富士川は19日まで、県指定文化財の旧舂米学校(同町最勝寺)の歴史などを紹介する展示をしている=写真。

 同校の校舎は1876年、旧増穂村舂米に擬洋風の「藤村式建築」で建てられた。現在は増穂小近くに移され、富士川町民俗資料館として利用されている。道の駅の建物は、同校舎をモデルにしている。

 普段は同資料館で展示している写真を並べ、学校の歴史を紹介。県内は5体のみ現存するという1927年に米国から贈られた「青い目の人形」や当時の教科書、桑の木の皮で作られた服などが並ぶ。

 展示は午前10時~午後4時(最終日は同1時まで)。入場無料。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す