道の駅で安全運転呼び掛け 管内12カ所一斉に 士幌 – 十勝毎日新聞



道の駅の来場者に啓発のチラシを配る帯広署員(ピア21しほろで)

 「とかち道の駅一斉街頭啓発」が10日、管内の道の駅12カ所で一斉に実施された。帯広署と十勝総合振興局が、多発する盆休み期間中の交通事故と特殊詐欺被害の防止を目的に初めて開催した。

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」では、帯広交通安全活動推進委員協議会、町職員、士幌駐在所などの12人が利用者にチラシや啓発品を配布した。

 帯広署の谷地田勇交通第一課長は「帰省や行楽に向かうときは、安全運転に気を付けてほしい。実家では特殊詐欺の被害防止を話して」と呼び掛けた。

 宮崎県から夫婦で全国をドライブしている山下一夫さん(74)は「北海道は道が広く、直線が続き走りやすいので安全運転に気を付けている」と話した。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す