VR・360度動画を使った企業・自治体の観光支援5選 – Mogura VR



VR(バーチャルリアリティ)や360度動画での視聴体験は、実際にはできないような体験、いけないような場所であっても、あたかもそこにいる感覚を味わう事ができます。

その活用事例はゲームだけでなく、ビジネス研修や医療などの訓練、ほかにもVRを活用して体を鍛えるフィットネスなどにも活用されています。

VRや360度動画を「観光」に活用する事例もあります。たとえば日本国内でも、企業や自治体による観光支援の取組が行われています。今回は、VRを活用した観光事例を紹介します。

自治体によるVR観光誘致

北海道美唄市は、VRで美唄市の観光スポットを巡るアプリを展開しています。自然豊かな透明公園、炭鉱メモリアル公園などを実際に行ったかのように体験できます。日本だけでなく、英語や中国語など外国の方向けにもサービスが進んでいます。

北海道の大自然や沖縄のきれいな海など、実際にいかないとなかなか味わえない事が多いのですが、VRであれば実際に訪問した時に近い体験をする事ができます。

他にも、北海道北広島市、山形県大石田町といった自治体がVRを利用しています。写真や文章ではなくVRで臨場感のある体験をしてもらうことで、それぞれの土地の良いところを知ってもらうことができます。

オリックス自動車の「VRトラベル」


沖縄の魅力をより知ってもらおうと、オリックス自動車、株式会社アクティビティジャパン、ナーブ株式会社はオリックスレンタカーの拠点にて、無料のサービス「VRトラベル」を展開、沖縄観光の疑似体験ができるサービスを始めています。

オリックスレンタカーの利用者は、窓口での手続きの合間にVR視聴端末を使用、現在地から訪問可能な体験型観光を360度で疑似体験できます。今は沖縄エリアの11拠点だけですが、本土や北海道など幅広いエリアで展開していく予定です。

オリックス自動車によると、「旅行現地に到着し、これから旅が始まるタイミングで体験型観光をVRにて体験することで、レンタカー拠点から思い出作りの手伝いをできるものと考えている」とのことです。

体験型観光案内所「>TRAVEL HUB MIX」

株式会社パソナは、東京駅前にVRを活用した仮想旅行体験ができるコミュニティ型観光案内所「TRAVEL HUB MIX(トラベル ハブ ミックス)」をオープンしています。

TRAVEL HUB MIXは、個人や自治体、企業が交わり、コミュニティを作り日本国内の旅につながるさまざまな情報を発信する観光案内所です。

 VRデバイスを装着し、見たことのない日本の地域やアクティビティの魅力を仮想空間の中で無料体験できるコーナーが設けられています。VRで旅行体験し、実際の旅行プラン作りなどに活用できます。

TRAVEL HUB MIXの利用者向けに、観光情報の入ったスマートフォンの無料貸し出しや手荷物の空港即日配送など、ありがたいサービスも揃っています。旅行者にとって必要なものが揃った場所といえます。

TRAVEL HUB MIX公式サイト
住所:東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE
営業時間:観光案内10時~18時(日曜定休)

外国人向け観光促進 360度動画を活用

https://www.youtube.com/watch?v=m4Zk_LakILA

日本文化に興味のある外国の方は大勢います。ただ実際に日本人がどのような生活をしているか、どのような文化なのかは知らない方もいます。そこで360度動画を使う事により、日本に興味のある外国の方に少しでも日本を知ってもらおうと、東京都が外国人向けに観光促進をしています。

11月26日に東京都は「TOHOKU&TOKYO;」というサイトを開設し、東京から東北各地を結ぶ観光ルートや観光スポットの紹介を行う事により、海外に発信しています。また日本の特色である四季ごとに公開内容が変わる、また青森のねぶた祭りなど代表的なお祭りも紹介しています。

(参考)
東京都ホームページ

VRによる観光支援事業 大河ドラマ舞台の再現も


360度動画配信サービスの「idoga VR」を運営しているクロスデバイスは、観光誘致支援事業を行っています。

第1弾として、2017年の大河ドラマである、「おんな城主直虎」の舞台となった浜松市の観光誘致支援事業を行いました。浜松市地域遺産センターなどに360度動画の視聴システムを設置し、実際の様子を体験できるようになりました。

また、スマートフォンで利用できるアプリ「まるっと直虎観光VR」を作成し、大河ドラマでも登場した井伊谷城跡や龍潭寺、井伊家居館跡などをアプリで再現し、現実ではできない当時の生活を体験する事もできます。

Mogura VR編集部では、ライター・編集者を募集しています!

関連するキーワード: TOHOKU&TOKYOアクティビティジャパンクロスデバイスナーブパソナ




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す