観光業組織、中国主導で – 日本経済新聞



 【成都=多部田俊輔】中国が主導する世界的な観光業の組織、世界観光連盟(WTA)が発足した。中国メディアによると、中国は世界最大の観光客を送り出す国であると同時に、世界4位の海外旅行目的地。世界の観光業界での影響力を高めるのが狙いとみられる。WTAトップの段強主席は「中国を旅行大国から旅行強国に転換する」と意欲を示した。

 このほど中国内陸部の四川省成都で発足式が開かれた。「観光で世界をよりよくする…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す