ソーゴー印刷、マレーシアで道内観光発信 無料誌で :日本経済新聞 – 日本経済新聞



 十勝を拠点に印刷、出版を手掛けるソーゴー印刷(帯広市)は18日、帯広市内でマレーシアの出版社で旅行雑誌大手のアムレジャー・メディア(クアラルンプール)と業務提携の覚書を交わした。ソーゴー印刷は同国で北海道観光に関するフリーマガジンの発行を計画しており、広告営業や印刷・配布などでアムレジャー社の協力を仰ぐ。

 ソーゴー印刷が8月に創刊予定なのは「Slow Life HOKKAIDO」。日英併記で、マレーシアや周辺諸国から、十勝や釧路、根室、オホーツク方面などへの周遊旅行客を増やすのが狙い。

 アムレジャー社はソーゴー印刷が持つ道内観光に関する情報などを活用する。ソーゴー印刷は、帯広商工会議所が国際協力機構(JICA)の草の根技術協力事業を通じて進める中小企業の海外進出支援を活用し、マレーシアでの事業展開を模索してきた。将来はマレーシアを拠点に周辺国でフリーペーパー発行も検討する。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す