観光好調の裏で労働環境悪化 沖縄・八重山の宿泊・レンタカー、労基法違反ほぼ100% 人手不足が慢性化 – 琉球新報




琉球新報
観光好調の裏で労働環境悪化 沖縄・八重山の宿泊・レンタカー、労基法違反ほぼ100% 人手不足が慢性化
琉球新報
沖縄県の八重山労働基準監督署は25日までに、八重山郡(石垣市など)内の宿泊業とレンタカー業を対象に2015~16年の2年間に実施した監督指導結果をまとめた。時間外労働や残業代の不払いなど労働基準関係法令の違反率はレンタカー業20事業所で100%、宿泊 …


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す