国内客どうつかむ 玉の湯・城山観光社長に聞く – 日本経済新聞



 2016年の熊本地震、17年の九州北部豪雨や台風18号――。九州の観光業界には自然災害の余波が残る半面、18年の明治維新150年、19年のラグビーワールド杯など好材料もある。好調な訪日客(インバウンド)とともに、国内客をどうつかむか。玉の湯(大分県由布市)の桑野和泉社長と城山観光(鹿児島市)の東清三郎社長に聞いた。

大分各地と連携カギ

玉の湯(由布院) 桑野和泉社長

 ――災害が続いた大分の現状を…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す