日本、初日2勝=ワールドグループ残留にあと1勝-デ杯テニス – 時事通信



ブラジル戦のシングルス第2試合、バックハンドショットを放つ添田豪=15日、大阪・靱テニスセンター

 男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ(WG)入れ替え戦の日本-ブラジルは15日、大阪市の靱テニスセンターで開幕してシングルス2試合が行われ、日本は杉田祐一(三菱電機)と添田豪(GODAI)が勝ち、2勝0敗でWG残留にあと1勝とした。
 第1試合は世界ランキング42位の杉田が244位のギリェルミ・クレザルに6-2、7-5、7-6でストレート勝ち。第2試合は139位の添田が116位のチアゴ・モンテイロに3-6、6-4、6-3、6-7、6-4で競り勝った。
 16日はダブルス1試合、最終日の17日はシングルス2試合が行われる。 (2017/09/15-18:37) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す