「ごちクル」、2017年に人気上位 & 話題を集めたお弁当発表! 〜上半期新たにお弁当141店舗912種追加。全国800ブランド8400種からのランキング〜 – PR TIMES (プレスリリース)



「ごちクル」は2017年7月以降、約半年間で「吉野家」「牛角」「なだ万」などの有名店を含む、新ブランド141店舗をごちそう総合モール「ごちクル」内にオープンし、新商品912種を新規追加し、全国での取扱商品数は8,400種を越えました。また、イベント、パーティなどのシーンで、従来のオードブルのお届けだけではなく、お客さまのご要望に応じ、お料理を出張でお届けし、セッティングから後片付けまでをご提供する新ケータリングサービス、「おまかせケータリングdish」を開始いたしました。また、冷凍技術を活用し、特定のエリアでしか食べられなかった名店のごちそうを全国各地で楽しめるような商品展開を行ってきました。 ごちクルでは、お客様にさまざまなシーンで“ごちそう”をお楽しみいただけるよう、2018年も一層のサービス、商品の向上・開発に取り組んでまいります。

<「ごちクル」2017年 お弁当人気総合ランキング>

2017年の流行語に“インスタ映え”が入りましたが、お弁当においてもいろどりが豊かで華やかな商品が上記を独占いたしました。トップの売り上げを誇る「陽なた」の「彩4色 そぼろご飯」は、社内ミーティングや研修でのご利用が多い1,000円前後の価格帯でありながら、おもてなしシーンにもふさわしい商品であることから、幅広いシーンでご利用いただきました。また、容器や食欲をそそるオレンジ色の包装紙などが、女性からの支持を多く集めました。

1位 陽なた「彩り4色のそぼろご飯 」1,000円(税込1,080円):

https://gochikuru.com/794/menu/TKBI012/
2位 京料理 たか木監修「日々是好日」 「たか木 特選京懐石膳 日々【にちにち】」1,500円(税込1,640円):
https://gochikuru.com/1326/menu/TKET002/
3位 HAL YAMASHITA 東京「黒竹」1,500円(税込1,640円):
https://gochikuru.com/1313/menu/TKDY004/

<「ごちクル」2017年 価格帯別ランキング>
ご利用シーンごとにお弁当価格が異なることから、「700円以下」、「701円〜1,500円未満」、「1,500円以上」(すべて税込)の3カテゴリでのランキングを発表いたします。

■「700円以下」

イベントニーズをカバーする700円以下のお弁当で、圧倒的に売れた商品は「東京笑顔」の「大満足!たっぷりソースの目玉焼きハンバーグ弁当」でした。家庭料理のような味わいに定評のある商品です。また、2位の「赤音亭」の「鶏じゃが弁当」は、副菜が充実しており、ボリュームがある点が支持されました。

1位 東京笑顔「大満足!たっぷりソースの目玉焼きハンバーグ弁当」649円(税込700円):

https://gochikuru.com/50/menu/JA176/
2位 赤音亭「鶏じゃが弁当」649円(税込700円):
https://gochikuru.com/150/menu/TAVA53/
3位 モンタギュー・サンドウィッチ「カルテット タマゴ&チキンカツ」510円(税込550円):
https://gochikuru.com/52/menu/IA234/

■「701円~1,500円未満」
「701円~1,500円未満」のお弁当は、特に社内研修やランチミーティング、セミナーなどのビジネスシーンでご利用いただくことが多く、健康経営を掲げる企業が増え、健康ニーズが高まったことを背景に、より 具だくさんでバランスよく食事ができる健康要素の強いラインナップがランクインいたしました。また、名古屋エリアの老舗仕出し店「八百彦本店」の「山波(やまなみ)」は、全国で最もご注文数シェアの高い首都圏の商品を抑え、3位にランクインしております。この「八百彦本店」のお弁当は、冷凍技術の活用により、名古屋以外のエリアでのお届けを実現し、2018年も関東圏を含め、お届け先拡大を予定しております。

1位 陽なた「彩り4色のそぼろご飯」1,000円(税込1,080円):
https://gochikuru.com/794/menu/TKBI012/
2位 味の浜藤「おいしい西京焼弁当」1,000円(税込1,080円):
https://gochikuru.com/29/menu/UA73/
3位 八百彦本店「山波(やまなみ)」926円(税込1,000円):
https://gochikuru.com/1204/menu/ACBZ009/

■1,500円以上
重役会議やおもてなしのシーンを中心にご利用いただく「1,500円以上」の部門では、有名店のお弁当がランクインしました。「京料理 たか木監修『日々是好日』」は、ミシュラン2つ星を6年連続で獲得する芦屋の名店「京料理 たか木」監修によるお弁当店舗です。2015年10月のお届け開始以来、幅広い年齢層から愛されるお弁当として重宝されています。また、2位にランクインした「HAL YAMASHITA 東京」は、東京ミッドタウンに実店舗「HAL YAMASHITA 東京」を構える創作和食店のお料理が味わえるお弁当店舗で、お弁当の容器やメニューの細部までシェフのこだわりが反映されています。
1位 京料理 たか木監修「日々是好日」「たか木 特選京懐石膳 日々【にちにち】」1,500円(税込1,640円):
https://gochikuru.com/1326/menu/TKET002/
2位 HAL YAMASHITA 東京「黒竹」1,500円(税込1,640円):
https://gochikuru.com/1313/menu/TKDY004/
3位 陽なた「和牛すき焼きご飯」1,500円(税込1,640円):
https://gochikuru.com/794/menu/TKBI016/

※「ごちクル」ランキングについて
上記総合ランキングの他、「ごちクル」サイト内ではお届けエリアごとの「店舗ランキング」、和洋中をはじめとする9つの「ジャンル別No.1」、2017年中にオープンした新店舗のなかから選ばれる「新人賞」についても掲載しております。 詳しくは以下のページをご覧ください。
2017年ごちクル 年間ランキングページ:https://gochikuru.com/feature/ranking/

【ランキング概要】

・集計:2017年1月1日~2017年12月10日(お届け日ベースで換算)

・調査出展元:スターフェスティバル調べ

・発表内容:「ごちクル」内8,400商品中、売り上げ上位商品、店舗

<「ごちクル」2017年 話題のお弁当3選>

ごちクルでは、地方自治体や企業などとコラボして、地域の特産品や企業の商品・サービスの魅力を引き出すお弁当の企画開発を行っております。そのうち最も話題になったお弁当3選について発表いたします 。

(1)鳥取和牛本舗「鳥取和牛独り占め箱~ギガ盛り~」

   プレスリリース:https://stafes.co.jp/pressrelease/14758.html

(2)銀座 うち山「鯛ひつまぶし弁当」鯛ひつまぶし弁当

   プレスリリース:https://stafes.co.jp/pressrelease/13851.html

(3)「HATAKE AOYAMA監修 和歌山味わいBOX(ローストジビエ)」

   プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000023812.html

(1)鳥取和牛本舗「鳥取和牛独り占め箱~ギガ盛り~」 292,929円(税込)

  • 鳥取県と「ごちクル」のコラボ企画で、「第11回全国和牛能力共進会」で肉質日本一に輝いた 鳥取和牛を“ギュ〜ッ”と詰め込んだ約30万円(正式価格:292,929(ニクニクニク)円(税込))のお弁当です。(2018年3月31日までのお届け分を受付中)
  •  11月29日(=“いい肉”の日)に注文の受付を開始したところ、2017年内のお届け分が即日完売いたしました。テレビ・新聞・WEBなど多数のメディアよりご注目いただき、ソーシャルメディアでも広く拡散されました。
  •  米国・中国・韓国・ベトナム・タイなど海外でもインターネットを中心に話題になり、米国のニュースメディアの動画コンテンツにてご紹介いただいた際には1,000万再生を超える反響がございました。国内外のお客さまより、多数お問い合わせをいただいております。

(2)銀座 うち山「鯛ひつまぶし弁当」 2,160円(税込)

  • 「キリン生茶」と「ごちクル」がコラボ企画により誕生した10年連続ミシュランの星を獲得する日本料理店「銀座 うち山」名物の「鯛茶漬け」をほかほかな状態で食べられるお弁当です。(期間限定弁当につき、現在は取扱い完了)
  •  ペットボトルのお茶を注いで、ひもを引くとお弁当が温まり、いつでもどこでもアツアツの状態でお召し上がりいただくことができるという意外性が、メディアの目にとまり、インターネットを中心に多くの反響をいただきました。

(3)HATAKE AOYAMA 「HATAKE AOYAMA監修 和歌山味わいBOX(ローストジビエ)」

  • 和歌山県と「ごちクル」がコラボ企画した、和歌山県産ジビエ鹿肉など同県産の食材をつかったお弁当です。ジビエを使ったお弁当を手掛けるのは「ごちクル」史上はじめてでした。
  •  南青山のイタリアンレストラン「HATAKE AOYAMA(ハタケ アオヤマ)」の神保佳永 総料理長が監修し、「ごちクル」の商品開発担当と何度も試作・打ち合わせを重ねて“和歌山ジビエ”そのもののうまみを引き出しました。
  •  都心に位置するレストランに畑を併設してしまうほど、食材への強いこだわりを持つ神保シェフの世界観を表現したお弁当は、2017年の流行語“インスタ映え”する華やかなしつらえから、商品ページには多くのアクセスをいただきました。

■ごちクルについて(https://gochikuru.com/
インターネットから注文するだけで、ワンコイン弁当から予約のとれない名店の味までを手軽に楽しむことができる、お弁当・ケータリングの総合デリバリーサービスです。
全国のレストランや製造工場、配達パートナーと提携し、点在する製造拠点からお客様のもとへごちそうをお届けしています。京料理の老舗「たん熊北店」やミシュラン2つ星獲得の名店「京料理 たか木」の高木一雄氏など、有名店や有名料理人のお弁当をはじめ、企画弁当、復興支援につながるお弁当、オリジナルのお弁当など、ラインナップは約800ブランド8,400種にのぼります。イベント、研修、会議、接待、パーティなど、人が集まるさまざまなシーンで利用されています。

■スターフェスティバル株式会社について(https://stafes.co.jp/

「ごちそうで 人々を より 幸せに」を企業理念に掲げ、弁当宅配・ケータリングの総合インターネットモール「ごちクル」、契約した企業の社内で社員向けの弁当を販売する デリバリー型の社員食堂「シャショクル」サービスを運営しています。「商品開発」「販促」「受注」「配達」まで「製造」以外のすべての部分を請け負うプラットフォームを提供し、全国の有名店を含むレストランや製造工場、配達パートナーと提携し、点在する製造拠点から企業や団体を中心とするお客様のもとへ月間約60万食、累計1,800万食のごちそうをお届けしています。公共団体、地方自治体などと災害時における食料支援協定などを結び、先の熊本震災では復旧作業に当たる作業員らへ約10万食のお弁当をお届けした実績もあります。売り上げの一部が復興支援寄付になるお弁当や、企業や自治体とコラボした商品開も積極的に手がけ、2016年より食のシーンを活用した「ごちアド」事業、全国各地の特産品や食材を活かしたお弁当企画開発や販売、特産品の流通、プロモーション協力を行う 「地方創生サポート」事業についても開始しています。中食需要が高まる中、個人向けの需要に応えるため、新たに、ミールキット宅配サービス「ごちレピ」を2017年秋より開始しています。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す