住む街は「少し背伸び」して!住宅ライターが語る街選びの大切さ – livedoor



人生は住む場所で決まる――。住まいの専門家は、そう口を揃えます。「プレジデント ウーマン」(2018年2月号)では、シングル、出産・子育て、教育など、さまざまな立場から街を評価し、「働く女性に優しい街ランキング」を作成しました。担当編集者が特集づくりの舞台裏をご紹介します――。

■住む街は「少し背伸びして」選ぼう!

パラパラと小雨が降る朝でした。住宅ライターの福岡由美さんに、街選びのポリシーについて伺うため、広尾のハンバーガーショップを訪れました。「私が西麻布に引っ越してきた日も、こんな天気だったわ……」と感慨深げ。

福岡さんが友人とよくランチをしたというそのお店でインタビューをし、その後、有栖川宮記念公園を超えて六本木ヒルズまでを散策しながら撮影したのでした。

名古屋出身の福岡さんが20代で上京するとき、東京の地理などまったく理解していなかったにもかかわらず、住む街は西麻布と決めていたと言います。その理由を尋ねると、「当時、とんねるずの『雨の西麻布』という曲が流行っていて」というお返事。(面白い! そういう街の選び方もあるのか……。でも、これって読者の参考になるんだろうか……?)

若干の不安を感じながらもインタビューを続けると、西麻布はとても刺激的で、ラジオのレポーターとしてバリバリ働く福岡さんにとって非常にいい街だったと言います。街選びのアドバイスとして読者に示してくれたのが、住む街は少し背伸びして選ぶこと。「ワンランク上の自分を目指すモチベーションが湧いてくるでしょう?」と福岡さん。同時に、背伸びをしすぎるのもよくないと、自分の失敗例を披露してくれました。

■身の丈に合わず、波乱万丈な人生に

福岡さんはしばらく西麻布に住んだのち、婚約者が住む別の街に住まいを移したのだそうです。ところが、その街はハイソすぎて自分の身の丈に合わないと感じるようになります。そしてなんと、婚約者ともぎくしゃくして婚約を破棄してしまったのだとか! 彼からは地元へ帰るように諭され、両親からも勘当されてしまった福岡さんは、名古屋の都心部へ。

名古屋に移ってから住宅ライターの仕事を始めるようになり、新たな人生のスタートを切った福岡さん。今では東京にも拠点を置き、忙しく活躍されています。

そんな福岡さんが、住まい選びのセミナーでよく言っていることがあります。それは、住む場所に合わせてライフスタイルやライフサイクルが創られるということ。「名は体を表すように、家もその人の体を表すもの。家の存在は、家主の人生において非常に重要です。ですから丁寧に選んでほしいですし、何より住まい選びを楽しんでいただきたいですね」。

取材したほかの皆さんも、「人生は、住む場所で決まる」と言っても言い過ぎではないと思えるくらい、街選びの大切さを語ってくれました。だからこそ特集では、街を選ぶ際に本当に参考にできる情報を掲載したいと考えました。

■「街ランキング」ができるまで

「街ランキング」の企画では、シングルの方が一人暮らしを楽しめる街、出産・子育てしやすい街、教育が熱い街など、気になるテーマごとに専門家の力を借りてランキングを作成。

中でも、出産・子育てに向く街のランキングが最も難航しました。働く女性にとって子育てしやすい街について考えたとき、何を重要な要素として取り上げるべきか。それを専門家と話し合って決めるところからランキングづくりは始まりました。「待機児童数」は最初に考えられた要素でした。けれども、集計していく段階で「隠れ待機児童」の問題に行き当たりました。認可保育所に入りたい希望者が認可外の施設に入った場合や、預け先が見つけられずに親が育児休業を延期した場合などは待機児童としてカウントされませんでした。それでは思い通りの生活ができる街かどうかを評価する指標としてふさわしくない。そう考えて、入稿直前のタイミングでしたが、「隠れ待機児童数」を参考値として追加し、集計し直すことに。

また、「ファミリーサポートの使いやすさ」も、街の力を判断するのにとても重要だと専門家から提案がありました。けれど、このファミリーサポートの活用状況については、国が一括して把握しているわけではなく、各自治体に問い合わせる必要がありました。せめて都道府県単位でデータをまとめてくれていればいいのですが、そうした都道府県は少なく、市区町村に個別に調査をかけました。各自治体で出産、子育てページが開設されているかどうかも、一つひとつ確認していきました。ランキングデータは首都圏のみならず、中京、京阪神もカバーしています。

こうして、時間をかけて作成したランキングですが、データだけでは本当の住み心地まではわかりにくいところがあります。そこで、ランクインした街に住んでいる人たちに直撃し、インタビューを実施。住人たちの実感のこもったお話も掲載しています。

働く女性が街選びをする際に必要な情報を満載した大特集です。住まいを変える予定がないという方も、現在住んでいる街の実力を把握しておくことは大切。ぜひ、手に取ってみてください。

(プレジデントウーマン編集部 横田 良子 写真=iStock.com)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す