『映画 妖怪ウォッチ』最新作ポスターが公開!最強の敵・鬼王、現る – シネマトゥデイ



かわいらしさよりもガチモンの妖怪らしさが全面に – 『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』ポスター – (C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト 2017

 人気シリーズの劇場版第4弾『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)の本ポスタービジュアルが公開され、今作で“最強の敵”として現れるキャラクターの姿が明らかになった。

【画像】不動明王のキャラ画像もばっちり!入場者特典の詳細

 これまでの「妖怪ウォッチ」シリーズから登場人物を一新し、ホラーテイストな作風で話題を集めている『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』。舞台となるのは、前作の主人公・ケータたちがいた世界の30年後。おなじみの妖怪たちは「シャドウサイド」という戦闘モードの姿で現れ、さらには伝説の妖怪「ゲゲゲの鬼太郎」も参戦し、今までとは一味違うシリアスな要素が加わった「妖怪ウォッチ」が描かれる。

[PR]

 今回お披露目された本ポスタービジュアルでは、主人公・ナツメ、トウマ、アキノリのほか、ジバニャン、コマさんをはじめ、雷オトン、ふぶき姫、メラメライオンたち人気妖怪が「シャドウサイド」の姿で登場。もちろんコラボする鬼太郎たちもしっかりと描写されている。

 そんなおなじみのキャラクターたち以外にも、エンマ大王と刃を交える新キャラクター・蛇王カイラ、そして新たに登場する「妖怪ウォッチ」史上最強のキャラクターで最強の敵となる「鬼王・羅仙」の姿も。鬼王は人間の「悪意」を喰らい絶大な闇の力を持つ鬼の王として、主人公の前に立ちふさがるという。さらに鬼王との戦いの行方を占う最重要キャラとなる剣武魔神「不動明王」の姿もポスターにばっちり。エンマ大王すら凌ぐ圧倒的な力をもつ伝説の剣「フドウ雷鳴剣」を所持する不動明王は、主人公たちの運命を左右することになるとのこと。

 また「妖怪ウォッチ」は、子供心をくすぐる入場者特典も魅力の一つだが、今回の特典の内容も発表。中学生以下の観客は先着数量限定で、「特製ステッカー」や2018年の干支にちなんだ「コマさん年賀状」、ゲーム「妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤー ソード/マグナム」と連動して「不動明王」を仲間できるチャンスが与えられる「不動明王お守りカード」の計3点セット「豪華おとしだま3点セット」が配布されるという。(編集部・井本早紀)




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す