この夏、行ってみたい聖地は? 2位「ラブライブ!サンシャイン!!」沼津市 … – アニメ!アニメ!Anime Anime



アニメの舞台やモデルとなった土地を実際に訪れる「聖地巡礼」は近年大きな盛り上がりを見せています。日本の新たな観光資源としても注目されており、海外からも多くのファンが訪れるそうです。読者の皆さんの中にも、夏休みの旅行先に「聖地」を選ぶ方が多いのではないでしょうか。
そこでアニメ!アニメ!では「行ってみたいアニメの聖地は?」と題し、読者アンケートを実施しました。選択肢は事前にツイッターで寄せられた意見を参考に35の聖地をリストアップ。さらに自由回答でそのほか好きな作品の「聖地」も挙げられるようにしました。

アンケートは8月5日から8月10日まで行い、519名から回答を得ました。男女比は男性が54パーセント、女性が46パーセント。年齢層は19歳以下が約40パーセント、20代が約30パーセントと若年層が中心でした。

■ 1位は「Free!」の鳥取県・岩美町

1位は「Free!」の舞台・岩鳶町のモデルとなった鳥取県・岩美町が選ばれました。岩美町は鳥取県の最東北端に位置し、日本海に面した美しい景色が魅力の土地です。女性から圧倒的な人気を誇り、支持率は23.5パーセント。4人に1人が投票した計算となっています。10月28日には完全新作アニメ『特別版 Free!-Take Your Marks-』が公開されることも、数字を押し上げた要因でしょう。

2位は「ラブライブ!サンシャイン!!」の静岡県・沼津市。スクールアイドル・Aqoursのメンバーが通う浦の星女学院がある場所です。男性票の支持率は12.5パーセントで堂々の1位。女性票も4位と健闘しました。沼津市民文化センターではキャスト出演の催しが開催されるなど、イベントでも沼津を盛り上げています。
3位は「氷菓」の岐阜県・飛騨高山。男性票に限れば2位となっています。2012年放送のミステリが根強い人気を見せつけました。また5位の「君の名は。」でヒロインの三葉が住んでいる糸守町も飛騨地方がモチーフの一つとなっています。自由回答では同率20位に「きんいろモザイク」イギリス・コッツウォルズが入りました。唯一の海外からのランクインです。

上位には近年放送された作品や、最新作を控える作品が多く選ばれました。しかし3位の「氷菓」をはじめ、4位には2011年放送の「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」、9位には2009年公開の「サマーウォーズ」がランクインし、過去作の強さも目立ちます。ファンの心に残る作品であれば聖地巡礼も一過性のものではなく、何度も訪れたい場所になることが伺える結果となりました。

[この夏、行ってみたい聖地は?]1位「Free!」鳥取県・岩美町
2位「ラブライブ!サンシャイン!!」静岡県・沼津市
3位「氷菓」岐阜県・飛騨高山
4位「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」埼玉県・秩父市
5位「君の名は。」岐阜県・飛騨市
6位「有頂天家族」京都府・下鴨神社
7位「ユーリ!!! on ICE」佐賀県・唐津市
8位「Fate/stay night」兵庫県・神戸市
9位「サマーウォーズ」長野県・上田市
10位「ガールズ&パンツァー」茨城県・大洗町

(回答期間:2017年8月5日~8月10日)

次ページ:ランキング20位まで公開




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す