日本農業新聞 – 集送乳調整金、牛マルキン 全中が畜酪重点要請 – 日本農業新聞



 JA全中は7日の理事会で、2018年度の畜産・酪農対策に関する重点要請を決めた。新制度の初年度となる加工原料乳生産者補給金と集送乳調整金の適切な単価設定や、肉用牛肥育経営安定特別対策(牛マルキン)の早期拡充などが柱。生産基盤の縮小や肥育経営の収益性悪化が深刻な中で国際交渉も進展しており、将来不安の払拭や競争力の強化に向けて万全な対応を訴える。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す