地産地消 秋田市が応援 – 読売新聞



 秋田市は12月2日まで、地産地消推進キャンペーンを展開している。市内産の農産物を使ったメニューや商品を提供している「地産地消推進店」の利用客の中から抽選で市内産の野菜や加工品などの詰め合わせセットをプレゼントし、消費拡大に向けてPRする。

 キャンペーンの対象となる店舗は、市内産の農産物などを積極的に活用し、PRしているとして市が認定したレストランや居酒屋、直売所など、市内約50か所の地産地消推進店。期間中に、いずれかの店で食事や買い物をして、店内に置かれた応募はがきか、スマートフォンで専用のQRコードを読み込むなどしてアンケートに答えた人の中から市が抽選を行い、18人の当選者にプレゼントを贈る。

 市では来年2月に、キャンペーンの第2弾も計画している。対象店舗として、地産地消推進店に認定されているスーパーなどの小売店も加え、地産地消推進に向けたPRを強化する考えだ。

 問い合わせは市産業企画課(018・888・5724)へ。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す