冷やしトマトの早食い大会 兵庫県香美町 – 産経ニュース



 兵庫県香美町村岡区の道の駅「村岡ファームガーデン」で11日、夏の収穫祭が開かれた。メインイベントの「冷やしトマト早食い大会」には子供から大人まで20人が参加。うだるような暑さのなか、氷水で冷やされたトマトをほおばり、早さを競った。

 ハチ北高原の野菜のおいしさを知ってもらおうと、同施設が毎年開催。直売所周辺ではトマトやキュウリなどの新鮮な野菜が格安な値段で販売され、大勢の人が買い求めた。

 早食い大会は今年で13回目。トマト1キロを食べる中学生以上と、500グラムを食べる小学生以下の部に各10人が出場した。

 この日、但馬地方は30度を超す暑さ。1キロの皿には冷え切ったトマト5~6個が盛られ、成人男性も完食に悪戦苦闘し、汗を流しながらトマトにかぶりついていた。

 中学生以上の部の最高タイムは、4年連続の参加で4連覇を果たした朝来市生野町の会社員、井上慶さん(30)の1分10秒。井上さんには但馬牛肉1キロ(1万円相当)が贈られ、「これから日本海に海水浴に行き、バーべーキューで食べます」と喜んでいた。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す