避難先で「いつまでいるの?」 いじめ・差別…苦痛続く – 朝日新聞




朝日新聞
避難先で「いつまでいるの?」 いじめ・差別…苦痛続く
朝日新聞
近くで農地を借り、コメ、ネギ、ジャガイモなどを育て、直売所で売るのが日課だ。 自宅は原発から2・5キロ離れた場所にあった。30年以上、繁殖用の牛を育て、牛舎を増築していた矢先の原発事故。「悔しくて、悔しくて」。無人の町に牛50頭を残したまま、避難を余儀なくされた。

and more »


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す