「道の駅 ひたちおおた」が駅長急募 昨年11月から不在 – 東京新聞



駅長を募集している道の駅ひたちおおた=常陸太田市で

写真

 常陸太田市で一昨年七月にオープンしたばかりの農産物直売所などが入る「道の駅 ひたちおおた」の駅長が昨年十一月から不在になっており、駅の運営会社が、新たな駅長を募集している。応募の締め切りは三十一日まで。
 駅は大子町や日立市など県北地域の玄関としてオープン。農産物直売所で地元の野菜を販売するほか、レストランでは、市内の農家から直送された旬の野菜を、ビュッフェスタイルで提供してきた。
 常陸太田市によると、前駅長は一身上の理由で退職。応募資格は、六十歳未満で、民間企業で小売りや流通、企画などの実務を十年以上経験していることなどが条件。駅を運営する第三セクター「常陸太田産業振興株式会社」の正社員として採用する。
 応募期間は、専用の履歴書と小論文を産業振興社に持ち込むか郵送する。書類審査と個人面接し、二月中に採用を決める。
 雇用開始日は四月一日からで、期間に定めはない。駅の担当者は「熱い思いを持って、駅全体の運営を担える人を採用したい」と話した。問い合わせは駅=電0294(85)6888=へ。 (山下葉月)

この記事を印刷する




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す