千葉県内の廃校利用、企業の用途広がる – 日本経済新聞



 少子化のため閉鎖された学校の校舎や校庭を、ユニークな用途に活用する企業が、千葉県内で相次いでいる。イベント会場のような従来の活用法だけでなく、共有オフィスや録音スタジオ、縫製工場など、これまであまり見られなかった使い方をする企業が続々と登場。年々増える廃校を地域活性化に生かそうと、自治体も利用する企業の誘致を強化している。

 衣料雑貨店「無印良品」を運営する良品計画は南房総市の旧長尾小学校に「新型…




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す