日本アカデミー賞最有力「怒り」が失敗しないワケ – 読売新聞




読売新聞
日本アカデミー賞最有力「怒り」が失敗しないワケ
読売新聞
李監督といえば、フラダンサーが寂れた炭鉱町の町おこしに奮闘する「フラガール」(2006年)で、すでに日本アカデミー賞の最優秀作品賞を獲得している。 2010年度には、海外の映画祭でも高い評価を得た「悪人」で、2度目の最優秀作品賞受賞がささやかれた。しかし、中島 …

and more »


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す