海シリーズの集大成「CR大海物語4」発表/三洋物産 | 『遊技日本』 – https://yugi-nippon.com/



㈱三洋物産(金沢全求代表取締役)と㈱三洋販売(金沢信求代表取締役)は10月20日、都内中央区の日本橋三洋グループビルにて、「CR大海物語4 新機種発表 8代目ミスマリンちゃんお披露目会」を開催した。

主催者を代表して登壇した盧昇代表取締役専務は、「お蔭様をもちまして海物語は1999年に誕生し、今年で19年目を迎えることができた。今後も海物語を愛してくれるファンに、より楽しくより新鮮な海物語の世界をこれからも提供していきたい」と述べ、本機の3大ポイントについては①充実のスペック②クリスタルモードの搭載③8代目ミスマリンちゃんの起用と説明。最後に「業界環境の変化は激しいものがあるが、当社は微力ながら海物語をはじめとした商品作りを通じて、遊技業界発展のため盛り上げを図っていきたい」と意気込みを語った。

本機で華々しいデビューを飾った8代目ミスマリンちゃんには、チェルシーリナさん、鈴川亜美さん、宮沢セイラさんらが就任。3人は自己紹介とともに撮影時のエピソードを語り、「イメージガールとしてどんどん前に立ち、ミスマリンちゃんを通してパチンコファンの皆様にもっともっと海物語を好きになってもらえるよう頑張りたい」と抱負が語られた。7代目ミスマリンちゃんの卒業式では新ミスマリンちゃんらから花束が手渡され、卒業する3人は務め上げた2年間を振り返りつつ、涙ぐみながら感謝の気持ちを伝えた。

変わらぬ海物語に変化と刺激を与えた「CR大海物語4」は、大当たり確率1/319・確変突入率55%・時短100回転と海物語の王道スペックを継承しながら、12R通常でも1512個を獲得できるなど出玉の満足感を最大化し、長期稼働を見据えた盤石のスペック設計に仕上がっている。主に救済演出として活躍する新デバイス「ビッグバイブ」や「クリスタルステージ」といった新規演出を搭載しており、無変動時間を約32%カットした「ラッキー8チャッカー」など大海だからこそ際立つ革新的なゲーム性を創出した。



盧昇代表取締役専務

写真左から8代目ミスマリンちゃんのチェルシーリナさん、鈴川亜美さん、宮沢セイラさん


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す