秋の楽しみ、21日開幕 小牧、春日井でまつり – 中日新聞



写真

◆小牧 芸能やダンス

 第38回小牧市民まつり(中日新聞社後援)は21、22の両日、市の中心部で開かれる。
 22日の衆院選投票への影響は、普段は投票所となる市公民館がまつり会場となるため、片町地区の市民は近くの第二保育園へと投票会場が変わる。市職員の多くが選挙事務に就くため、まつりの運営スタッフが40人足りなくなり、保育士ら25人に応援を頼んだほか、スタッフの時間延長なとで対応する。
 まつりは市民会館と名鉄小牧駅周辺の駅前会場、小牧山の3会場で実施。市民会館のステージでは芸能の発表があり、駅東のメロディーステージでは子どもたちのダンスが披露される。小牧山では名古屋コーチンを使った食事を販売する。小牧山では22日、アニメ「ひつじのショーン」のキャラクターと一緒にクイズやじゃんけんで遊ぶコーナーを設ける。(問)市民まつり実行委員会=0568(72)2101

 (藤原啓嗣)

◆春日井 舞台にグルメ

 二十一、二十二日に春日井市役所一帯で第四十一回春日井まつりが開かれる。今年は二十二日が衆院選投票日のため、市庁舎で予定した展示の会場が一部変わる。市役所である期日前投票は二十一日も受け付けるが、駐車場はなく来場には注意が必要。
 両日は多彩なステージ発表、春日井の特産品サボテンを使った特製グルメ販売などがある。子どもの職業体験ブースは昨年より拡大、充実させる。会場には、おむつ替えや授乳スペースを確保した。
 選挙事務の影響で、市役所十階で予定された障がい者作品展など三催事は十一階へ、十一階が会場だった教育展は柏原中学校体育館に変更となる。
 まつりPRのため、花車と筆車が市役所一階にお目見えした。花車と筆車は二十二日午後一時から、市ゆかりの書聖小野道風にちなんだ「道風平安朝行列」に加わり、出演者に花を添える。
 まつり両日は、市内を走るバス「はあとふるライナー」が無料となるほか、JR勝川駅北口、JR高蔵寺北口、二子山公園、桃花園、石尾台南、ザ・モール春日井、市民病院の七カ所を発着点に会場近くに向かう無料シャトルバスを運行する。ザ・モール春日井、市民病院には臨時駐車場を設ける。(問)まつり本部(まつり両日の午前九時半〜午後四時半)=0568(56)8460

 (浅野有紀)

写真

この記事を印刷する




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す