今さら聞けない「ふるさと納税」しっかり得するための2つのポイント=小櫃麻衣 – まぐまぐニュース!




数年前から豪華な返礼品で話題になった「ふるさと納税」ですが、自分に合った使い方をしないと損をすることも。今回はしっかりと得する方法を説明します。(『FPが教える!相続知識配信メルマガ☆彡.。』小櫃麻衣)

初めてでも安心!「ふるさと納税」の2大メリットと還付の仕組み

かえって損をすることも

今回は「ふるさと納税」について説明していきます。数年前にはテレビで特集を組まれるなど、かなり賑わっていたことが思い出されると思います。

ふるさと納税によって得たものだけで生活している方がいると聞いた時には、かなりびっくりしたのを覚えています。

賑わってるなーと感じてはいたけれど、実際にどういう仕組みなのかをご存知ない方も、いらっしゃるのではないでしょうか?

ただふるさと納税をすればよいというわけではなく、ご自身に合った使い方をしなければ、かえって損をしてしまうことにもなりかねません。ですので、しっかりと得をする使い方などを、詳しく説明していきます。

2つの大きなメリット

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体へ寄付することを指します。

ふるさとといえども、自分の故郷へ寄付しなければならないというわけでもないので、ご自身で好きな自治体へ寄付することができます。

ふるさと納税をすると、自分が寄付をした自治体からお礼として、その土地の特産品などが送られてきます。その送られてくる特産品がとても高価なものである自治体が数多く存在することが、ふるさと納税を賑わせた大きな要因の1つと言えます。

その他にも、ふるさと納税には独特な仕組みがあります。それは、所得税や住民税から寄付金を控除することができるということです。

ふるさと納税で自治体へ支払ったお金は、納税といえども、法律上は「寄付金」として取り扱われるため、所得税や住民税の控除対象となるのです。

原則として、自己負担額から2,000円を引いた全額が控除の対象となります。例えば、ある自治体へ30,000円の寄付をしたとします。すると、30,000円から2,000円を引いた28,000円を、所得税や住民税から差し引くことができるのです。

つまり、自己負担金額2,000円で各自治体からのお礼の品が届くということになるのです。

この2点が、ふるさと納税の大きなメリットということになるわけです。

Next: 控除の上限と仕組みに注意! 自分の年収・家族構成をよく考えて




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す