川連塗りフェア(秋田県) – 日テレNEWS24



川連塗りフェア
(秋田県)

およそ800年の伝統を誇る川連漆器を一堂に集めた恒例の販売会が湯沢市で始まりました。独特の光沢と丈夫さが特徴の川連漆器。最近はモダンなデザインが人気を集めています。
川連塗りフェアは今年で25回目の開催です。17の業者が食器や家具などおよそ5000点の川連漆器を展示していて、通常より2割ほど安い値段で販売されています。独特の光沢と丈夫さが特徴の川連漆器。最近は、漆に口紅などに使われる顔料を調合したカラフルな新商品が増えています。塗り重ねられた漆は時間の経過とともに透明感を増していくため、使えば使うほど明るく鮮やかな色合いに変化していくのが魅力です。モダンなデザインの川連漆器は洋室の雰囲気にもマッチすると、消費者の人気が高まっているということです。川連塗りフェアは湯沢市の稲川体育館で16日まで開かれています。

[ 10/13 19:51 秋田放送]

こんな記事もよく読まれています





コメントを残す