乗用車がのり面に衝突1人死亡 群馬の関越道 | NHKニュース – NHK



16日午前、群馬県渋川市の関越自動車道の上り線で、乗用車がスリップして道路左側ののり面に衝突し、運転していた21歳の男性が死亡しました。

16日午前9時前、渋川市赤城町津久田の関越自動車道の上り線で、追い越し車線を走っていた乗用車がスリップして、道路左側ののり面に衝突しました。

この事故で、乗用車は大破し、運転していた群馬県みなかみ町の専門学校生、小豆畑一輝さん(21)が頭を強く打つなどして死亡しました。

警察によりますと、現場は赤城インターチェンジから新潟方面に1キロほどの片側2車線の直線道路で、事故当時は小雨が降っていたということです。後ろを走っていた車に乗っていた人が事故の状況を目撃していたということで、警察は事故の原因を詳しく調べています。

この事故の影響で、関越自動車道の上り線は、沼田インターチェンジと赤城インターチェンジの間で、午前9時すぎから4時間余りにわたって通行止めになりました。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す