ミサイル上空通過の北海道、Jアラート伝達でトラブルも – TBS News



15日

11時40分

1分21秒

ミサイル上空通過の北海道、Jアラート伝達でトラブルも

 先月末に続いてJアラート=全国瞬時警報システムが再び出された東日本の各地では、早朝から対応に追われました。

 前回に続いてミサイルが上空を通過した北海道では、発射直後から情報収集に追われました。

 「正直、北朝鮮は何がしたいのか分からない。あきれる」

 「(Jアラートが鳴ったときは?)ホテルの中にいた。逃げようがない、ホテルの中」(大阪からの観光客)

 「今、防災無線が函館市内でとどろいています」(記者)

 「7時30分現在の朝市です。特に混乱している様子はありません」(記者)

 「なぜ、北海道ばかりなのか」(函館朝市で働く人)

 登別市では、Jアラートと連動して事前に登録した市民400人に情報を伝えるメールが送られませんでした。

 「途中で切れたという情報は入っていて、現在調査している。不具合があったかについても原因究明を優先的にやっていきたい」(登別市の担当者)

 また、初山別村では防災無線から自動で伝えるシステムが正常に作動せず、ミサイル通過後に担当職員が情報を読み上げました。北海道では、これまでに被害の報告は入っていません。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す