商売繁盛で笹持って来い 本えびす、福求め熱気 – 大阪日日新聞



大阪ニュース

2018年1月11日

 商売繁盛を祈願する祭りとして定着している「十日戎(とおかえびす)」が10日、本えびすを迎えた。えびす様を祭る各地の神社などには、福を授かろうと朝から大勢の参拝客が訪れて境内は大にぎわい。縁起物を付けた福笹(ざさ)を手に、それぞれが祈りをささげた。




ぎっしりと人で埋まった夜の境内。参拝者が続々と訪れた=10日、大阪市浪速区の今宮戎神社


宝恵かごの隊列に日本橋の電気屋街から加わる歌手の小桜舞子さん=10日、大阪市浪速区のアニメメイト大阪日本橋店前

■福笹の波途切れず 今宮戎神社

 “えべっさん”の呼び名で親しまれる大阪市浪速区の今宮戎神社では、「商売繁盛で笹持って来い」のおはやしの中、福笹の波が途切れることなく続き、境内や神社周辺は夜遅くまで熱気に包まれた。

 日中には地元・大阪木津卸売市場による「戎鯛(だい)の朝市」のほか、伝統の「宝恵(ほえ)かご行列」といった関連行事が続いた。

 日没後にはより人出が増え、参拝者は昨年の福笹を納めた後、早速新たな笹を受け取り福娘が待つ授与所へ。枝に複数の縁起物を取り付けてもらって見栄えする福笹に満面の笑みを浮かべていた。にぎわいは「残り福」の11日まで続く。

■ファンに2曲披露 演歌歌手・小桜さん

 3年ぶり2回目の宝恵かご行列への参加となった演歌歌手の小桜舞子さん(39)は、日本橋の電気屋街から加わった。

 集まったファンを前に、昨年末に発売された新曲「よされ三味線」(テイチク)など2曲を披露。正月は家族とともに、実家がある神奈川県茅ケ崎市に近い鶴岡八幡宮に初詣に訪れ、ヒット祈願。オリコンチャート初登場1位と早速御利益があったようで、「今日はえべっさんに福を頂いて、今年はこの曲で頑張ります」と笑顔。

 戎舞台や宝恵かごの赤を基調にした色合いを意識して、紫色のシックな振り袖姿でかごに乗り込んだ。




大阪ニュース

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す