野生動物の痕跡&ヒルの恐怖も…若手芸人が地図にない廃村で過酷生活 – エキサイトニュース



お笑いコンビの爆笑問題がMCを務めるテレビ朝日系バラエティ番組『バクモン学園!!住んでみた。』(毎週月曜24:15~ ※一部地域除く)では、きょう9日深夜の放送で、お笑いトリオ・ジェラードンの廃村生活の様子を伝える。

同番組は10月からリニューアルし、なぜか取り壊しができない廃墟、廃校、廃村、リゾート地の跡地など、今の日本がわかる秘所に、旬な若手芸人たちが潜入して数日間滞在。

前回2日の初回放送では、お笑いコンビ・ペンギンズが、山口県の奥地にある60年前から人が住まなくなったという廃寺に3泊4日したが、何者かに破壊された仏像があったり、床は虫の死骸だらけだったりと悲惨な状態に、反響が集まった。

それを受けた第2回の今回は、ジェラードンが40年以上前に廃村になった滋賀県脇ケ畑村へ。地図にも載っていない場所で、ようやくたどり着くも、携帯は圏外で、電気も通っていないという状況だ。さらに、野生動物の痕跡を見つけたり、ヒルに襲われたりと、過酷な環境での生活にすっかり疲れ果てるが、しばらく住んでみると、人がやってくる。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す