栃木)「廃校トライアスロン」茂木で今年も – 朝日新聞



 廃校になった小学校を舞台に、雑巾がけなどを競う「第7回廃校トライアスロンinもてぎ」が27日、茂木町木幡の昭和ふるさと村(旧木幡小)で開催される。地域おこしをねらいにした企画で、主催者では参加者を募集している。

 会場の昭和ふるさと村は2006年に廃校になった木幡小学校を跡地利用して09年にオープンした。昭和30年代をテーマに、こんにゃく作りや当時の学校給食が体験できるほか、宿泊施設やオートキャンプ場が設けられている。

 廃校トライアスロンは昭和ふるさと村をはじめ茂木町や地元などでつくる実行委員会の主催で、11年に始まった。年々、参加者が増えており、昨年は約80人が参加した。

 レースは学校施設を利用。まず…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す