雑巾がけから三輪車まで 27日、茂木の「廃校トライアスロン」参加者募集 … – 下野新聞



 【茂木】廃校となった小学校の施設を使ってさまざまな競技を行う「廃校トライアスロンinもてぎ」が27日、木幡の昭和ふるさと村(旧木幡小)で開かれる。地域住民らでつくる実行委員会は、参加者を募集している。

 同イベントは空き校舎を活用した地域活性化策として始まり、今年で7回目。コースは(1)木造校舎廊下の雑巾掛け(2)渡り廊下の三輪車こぎ(3)プールでのたらいこぎ(4)校庭のランニング(5)玉入れ-の5種目を設定。幼児、小学校低学年、同高学年、中学生以上の4部門に分かれ、走破タイムを競う。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す