イルミで表町商店街インスタ映え 中国学園大生が手作りで装飾 – 山陽新聞



クリスマスムードを盛り上げるイルミネーション

 岡山市中心部にある表町商店街の一角に、大学生が手作りしたイルミネーションがお目見えし、クリスマスムードを盛り上げている。24日まで、毎日午後5時~翌日午前0時ごろに点灯する。 学生が提案したまちづくりの取り組みを支援する市の「大学生まちづくりチャレンジ事業」の一環。商店街に若者を呼び込もうと中国学園大(北区庭瀬)が地元店舗と連携した企画で、同大の学生4人が約3000個のLEDを使って約1カ月かけ仕上げた。

 設置したのは、同商店街南寄りにある紙屋町商店街。光を反射させてきらびやかに見せるため、電球をペットボトルで覆ったオブジェをアーケードにつるしたほか、シャッターに桃やハート形の発泡スチロールを取り付けて周囲をLEDで装飾。一部の店の軒先にはリースも飾り、通行人らを楽しませている。

 制作した3年男子(21)は「夜の商店街を彩り、活性化に貢献したい。『インスタ映え』する作品もあるので、ぜひネットに投稿してほしい」と話している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す