大岡山北口商店街で小学生が職業体験 – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)



2017年11月20日

学校法人産業能率大学

学生発 商店街活性化プロジェクト
大岡山北口商店街で小学生が職業体験
~“初任給”、何に使う?~

 産業能率大学経営学部(東京都世田谷区)の荒井明准教授ゼミは、11月25日(土)に大岡山北口商店街(東京都大田区)の協力のもと、学生企画による子ども向けイベント「Oh!! オカーニバル2017」を開催します。このイベントでは、子どもたちが店舗を回って店にまつわるクイズに答えるクイズラリーなど参加型の企画を盛り込んでおり、その目玉として実際の店舗を利用した小学生の職業体験を実施します。(11:00~16:00)

Oh!!オカーニバル2017 ポスターデータ

 荒井ゼミでは、商店街の抱える課題解決を目的とする「商店街活性化プロジェクト」に2015年から取り組んでいます。今回実施する「Oh!! オカーニバル2017」では、商店街と地域住民が交流し、“顔なじみ”になることで、イベント後の継続的な来街者の増加や利用率向上につなげることを目指します。

 子どもの職業体験企画は、「1日こども店長!~夢ひろがるおしごと体験~」と銘打ち、事前にお申し込みいただいた小学校中~高学年の子ども約30人が商店街にある7店舗で働きます。店舗は家電店や衣料品店、飲食店、ドラッグストアなどさまざま。商品の陳列や受け渡し、おつりの計算など、店舗のスタッフに教えてもらいながら業務を体験します。働いた後は、店舗から「給料」として同商店街で使える商品券が支給されます。初めて働いてお金を稼ぐ経験をした子どもが、“初任給”をあらためて商店街での買い物に使うことで、一過性のイベントに留まらない地域住民と商店街の継続的な関係が生まれます。

【職業体験イベント詳細】
「1日こども店長!~夢ひろがるおしごと体験~」
◇時間 11:00~16:30(一回の職業体験は1時間)
◇対象 小学校中~高学年 約30人 ※事前申込制、募集は既に終了
◇給料 500円(大岡山北口商店街で使える商品券)
◇実施店舗 丸高商店(家電店)
MIKAWAYA(飲食店)
アニータ(衣料品店)
サンドラッグ(ドラッグストア)
サンドラッグコンビニエンスストア(コンビニエンスストア)
マルトフルーツ(食品店)
駅前マルシェ(イベント特別店舗)
◇仕事内容 商品の陳列・受け渡し、おつりの計算、掃除、呼び込みなど(予定)

 子どもが職業体験できるテーマパークが人気を呼んでいますが、商店街にある実際の店舗で実施することで身近な体験ができます。各店舗で働いたあとは、「給料」のほか、イベントオリジナルの「おしごと体験修了証」が手渡されます。


(ご参考)大岡山北口商店街について

 大田区の北西、大田区と目黒区の境に位置し、東急線大岡山駅から環状七号線の間に伸びる全長約500mの大岡山北口商店街は、商店街を中心とした半径1km圏内にあわせて14の幼稚園や保育園、小学校、中学校があり、子どもの存在が身近にある環境です。商店街主催で、春は「大岡山さくらまつり」、秋には「大岡山フェスティバル」など年間約10のイベントを開催し、多くの来場者で賑わいます。「Oh!! オカーニバル2017」を企画・運営する学生たちは、今夏には商店街主催の「盆踊り大会」の手伝いを行うなど交流を深めてきました。

 今年5月に学生が商店街48店舗の経営者らを対象に行ったアンケートでは、地元の若い世代との交流や新規イベントの積極的な活用に対する要望があった一方、継続的な集客・店舗利用への課題も挙げられたことで、地域住民に店舗と深く関わり、より店舗について知る機会を創出するための職業体験企画が生まれました。



商店街でアンケート調査をする学生


こちらもおすすめ


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す