槻木に遊びに来て 古民家イタリアン開店 – 熊本日日新聞














槻木に遊びに来て 古民家イタリアン開店の写真、図解

過疎化が進む槻木地区で、イタリア料理店をオープンした遠藤さん夫妻=多良木町

槻木に遊びに来て 古民家イタリアン開店の写真、図解

空き家の古民家を改装した「TSUKIGI×TABLE」


 多良木町槻木[つきぎ]地区で、熊本市から昨年移住した遠藤眞一郎さん(32)、知世さん(33)夫妻が、イタリア料理店「TSUKIGI×TABLE」を今月オープンした。同地区は過疎化が進むが、2人は「若い人にも来てもらい、槻木を好きになってほしい」と意気込んでいる。

 遠藤さんは熊本市内でバーなどを経営していたが、熊本地震で被災したことをきっかけに「山里で店を開き、豊かな暮らしをしたい」と、友人の紹介などで槻木へ移住した。

 古民家を借りて改装。シェフの経験を持つ遠藤さんが、野菜や野生のシカ肉など槻木の食材をふんだんに使った料理を提供する。

 同地区は人口約120人。町による振興策で2013年に集落支援員一家が移住し、翌年春に槻木小が7年ぶりに再開した。集落に活気が生まれたが、振興策の見直しに伴って一家は槻木を離れ、小学校は再び休校した。

 遠藤さん夫妻は、地区に住む数少ない“若者”でもある。レストランは民泊としても利用できるように準備しており、観光ツアーの拠点にもするという。2人は「阿蘇などへドライブに行くように、槻木に遊びに来て自然を満喫してもらいたい」と声を合わせる。

 ランチコース(日曜祝日のみ、1300円)は日替わりのパスタなど。ディナー(3500円から)は要望に合わせて7~8品。いずれも前日までの予約制。遠藤さんTEL080(1788)8932。(園田琢磨)






こんな記事もよく読まれています



コメントを残す