〔海外決算〕独ヘンケル、4~6月期は過去最高の四半期決算 – 時事通信



 【フランクフルト時事】独洗剤・日用品大手ヘンケルは10日、2017年4~6月期の売上高が前年同期比9.6%増の50億9800万ユーロ、税・利払い前利益(EBIT、特殊要因を除く)が11.0%増の9億0900万ユーロとなり、過去最高の四半期決算を達成したと発表した。全3部門の業績が寄与した上、米洗剤大手サン・プロダクツの買収にも押し上げられた。
 買収効果と為替要因を除く売上高の「自律的成長率」は2.2%。西欧は売り上げを1.2%減らしたが、中南米や東欧、アジアの需要が力強く伸びた。EBITベースの売上高利益率は0.2ポイント改善の17.8%、純利益は10.3%増の6億3100万ユーロとなった。(2017/08/10-18:20)

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す