ライバル選手に禁止薬物=日本連盟、除名提案へ-カヌー – 時事通信



鈴木康大選手

 日本カヌー連盟は9日、昨年9月のスプリント日本選手権(石川県小松市)で鈴木康大選手(32)が小松正治選手(25)の飲み物に禁止薬物を混ぜ、小松選手がレース後のドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。前代未聞の極めて悪質な行為。2020年東京五輪の開催国として日本の信頼は揺らぎ、スポーツ界は対応に迫られる。
 日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は、鈴木選手に8年間の資格停止処分を科した。日本連盟は鈴木選手が薬物混入以外にも小松選手を含む複数人に用具を盗むなどの妨害行為を行ったことを認めたため、最も重い除名処分を科すよう臨時総会などに提案する。東京都内で記者会見した日本連盟の成田昌憲会長は、「スポーツ関係者全てにおわびします」と陳謝した。
 鈴木、小松両選手はともに昨夏の世界選手権(チェコ)男子カヤックシングル日本代表で、東京五輪代表の座を争っていたトップ選手。日本連盟などの調査に対し、鈴木選手はライバルを陥れようとして筋肉増強作用のあるメタンジエノンの錠剤を砕いて混ぜたと説明。薬物は海外合宿中にインターネットで購入したという。

小松正治選手

 この問題は鈴木選手が自ら申し出て昨年11月に発覚。JADAは小松選手に科していた暫定的な資格停止を取り消した。小松選手は代理人を通じ「周囲の皆さまのご支援を得て、競技生活に復帰できることとなったことについて、心より感謝の言葉を述べたいと思います。東京五輪出場を目指して、日本代表として、今後とも競技に精進していく所存です」との談話を発表した。日本連盟によると、小松選手は薬物を混入されたことや用具の盗難について、石川県警に被害届を提出している。
 16年リオデジャネイロ五輪では、羽根田卓也選手がカヌーの日本勢で初めて銅メダルを獲得。東京五輪に向け注目が集まっていた中で不祥事が起きた。成田会長は「(カヌー界が)上昇気流に乗っている時だった。選手の気持ちはいかばかりか。何とか戻していきたい」と沈痛な表情で話した。 (2018/01/09-21:36)

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す