【九州】人気SA・PAの夏にツルっと食べたい“そば&そうめん”5選 … – ORICON NEWS



【川登SA(下り) 】「がばい軒-夏のセット〜嬉野茶そばと揚げ物〜」(800円)



■ 【北部九州】川登SA(下り)




「がばい軒-夏のセット〜嬉野茶そばと揚げ物〜」(800円)。嬉野の茶舗が作る茶そばに注目。茶の味、風味を感じながらも、主張しすぎない程よい味わい。サイドにはチクワ天、鶏天など3種類の揚物や鶏飯おにぎりが付く。




[川登SA(下り)]施設内スナックコーナー / 10:00〜22:00




■ 【北部九州】別府湾SA(上り・下り)




「かき揚げ付きざる蕎麦」(1400円、大盛り1650円)。分厚さに目を見張るかき揚げはエビやホタテが全体に散りばめられている。かぶりつくとサクサク感のあと、素材の異なる食感、旨味が広がる。石臼挽きそばも風味豊か。




[別府湾SA(上り・下り)]不生庵 / 11:00〜15:00、土曜・日曜・祝日〜19:30※季節により変動あり




■ 【北部九州】金立SA(上り)




「神埼そうめんと天ぷら御膳」(1380円)。老舗「伊之助製麺」の麺を冷水でしめ、さらに氷をはった器に入れコシ強に。ツユのカツオ節の旨味とともに、麺自体のほんのりとした甘さが広がる。ミョウガ飯と自家製浅漬けが名脇役。




[金立SA(上り)]施設内レストラン / 10:00〜22:00




■ 【南部九州】北熊本SA(上り)




「石臼挽きそばと6種の天ぷら御膳 阿蘇たかなめし付き」(1490円)。石臼で挽いたそばに、阿蘇の名店「あそ路」監修の高菜飯、天草大王の天ぷらが付く。高菜飯は、ゴマ油で炒めた高菜を白飯に混ぜたもので、塩気も丁度いい。




[北熊本SA(上り)]施設内レストラン / 11:00〜20:00




■ 【南部九州】桜島SA(下り)




「黒豚しゃぶしゃぶと冷やし茶そば膳」(1080円)。鹿児島県産黒豚のしゃぶしゃぶを茶そばとともに。ツユも自社で作ったものでそばや黒豚の旨味を引き立てる。名物さつま揚げ、イモ天も味わえる。




[桜島SA(下り)]施設内レストラン / 11:00〜20:00




【九州ウォーカー編集部】













こんな記事もよく読まれています



コメントを残す