船橋に「中山マルシェ」 雑貨や手芸品を委託販売、中山の「道の駅」目指して – 船橋経済新聞



 JR下総中山駅近くにハンドメードの雑貨や手芸品の委託販売を行う「中山マルシェ」(船橋市本中山2、TEL 090-2936-7360)が9月20日、オープンした。

店内の様子(関連画像)

 同店隣にあるカフェ「メゾフォルテ」の店主、福山真由美さんが運営する。店舗面積は約5坪。知り合いや応募のあった作家の作品を委託で販売する。バッグやビーズアクセサリー、インテリアグッズなどジャンルは問わないが、全てオーディションを行い「バザーに出すレベルではない、一定のクオリティーがあるものだけ」を並べるという。

 元キャビンアテンダント(以下CA)の経歴を持つ福山さんは、「いつか中山の案内所になりたい」と話す。市が案内している、空き店舗をなくしシャッター街を減らすための「街おこし」が目的で始めたという。友人2人と「下総中山活性化チーム」を組み活動している。

 CA時代のつてでベトナムを中心としたアジア雑貨を仕入れているほか、街おこしのため「中山」という名称の入ったグッズを考案。「中山のお土産品を作りたい」と意気込む。「人が増え、街が活性化していくことで、地方から人を呼び込めるようにしていくことが目標」といい、今後は「天然酵母のパンやスイーツを売っていきたい」とも。

 営業時間は11時~18時。月曜定休。委託料金は月1,000円で、3カ月ごとの契約。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す