坂井市三国で死亡事故 88歳男性はねられ(福井県) – 日テレNEWS24



坂井市三国で死亡事故 88歳男性はねられ
(福井県)

坂井市内の県道交差点で、88歳の男性がはねられる死亡事故があり、県は高齢者交通死亡事故多発警報を発令しました。

事故があったのは、坂井市三国町楽円の県道交差点です。

警察の調べによりますと、きょう午前6時すぎ、近くに住む無職の井上昭三さん88歳が道路を横断していたところ、左から走ってきた2トントラックにはねられたものです。

この事故で、井上さんは病院に運ばれましたが、頭などを打って2時間後に死亡が確認されました。

現場は見通しの良い信号機のない交差点で、事故当時、あたりは暗く雨が降っていたということです。

警察では、トラックを運転していた坂井市三国町安島の自営業、道林英二さん70歳が、前をよく見ていなかったものとみて詳しく調べています。

なお、県では今月11日からきょうまでの4日間で、お年寄りの死亡事故が3件起きたため、高齢者交通死亡事故多発警報を出して、きょうから10日間、取り締まりと街頭啓発活動を強化します。



[ 11/14 17:56 福井放送]

こんな記事もよく読まれています



コメントを残す