ドリフト走行会で車が突っ込み4人搬送 観客1人重体 – 日本経済新聞



車の走行会で乗用車が観客に突っ込む事故があった天山スキー場の駐車場。右上のトラックに載せられた車が事故車両(12日午後、佐賀市富士町)=共同

車の走行会で乗用車が観客に突っ込む事故があった天山スキー場の駐車場。右上のトラックに載せられた車が事故車両(12日午後、佐賀市富士町)=共同

 12日午前9時半ごろ、佐賀市富士町の天山スキー場の駐車場で行われていた車の走行会で、乗用車がコースを外れ観客に突っ込んだ。乗用車に乗っていた2人と観客2人の男性計4人が病院に搬送され、観客の40代男性(佐賀県小城市)が脳挫傷で意識不明の重体。2人が重傷を負い、1人がけがをした。

 カーブで車のタイヤを滑らせながら走る「ドリフト」の愛好者が集まり、走行会を催していた。

 佐賀北署は主催した佐賀市の自動車関連会社の関係者らから事情を聴き、業務上過失致傷容疑などでの立件も視野に、安全管理が適切だったかどうか調べる。

 乗用車を運転していた20代男性(長崎県西海市)が首にけがをし、助手席に同乗していた30代男性(同)が胸部骨折の重傷。観客の20代男性(佐賀市)もあごの骨を折り重傷。走行会には66台の車が参加し、事故当時は現場の駐車場に観客を含め約100人がいた。

 天山スキー場によると、走行会は佐賀市の「カーピット森永」が開催。同社のホームページによると、参加者は午前9時から午後4時ごろまで代わる代わる車を走らせる予定だった。〔共同〕




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す