常磐道で小型トラック横転 中央分離帯のポール越え路肩に衝突 – 福島民友



 9日午後5時40分ごろ、南相馬市の常磐道上り線で小型トラックが横転、男性運転手が軽いけがをした。

 県警高速隊によると、トラックは下り線から中央分離帯のポールを越えて上り線に進入、路肩に衝突し横転したとみられる。

 この影響で、南相馬―浪江インターチェンジ間上り線が約2時間40分にわたり通行止めになった。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す