トラック運転の男起訴 高校生ら16人死傷 – 毎日新聞




 徳島県鳴門市の徳島自動車道で停車中のマイクロバスに大型トラックが追突し、16人が死傷した事故で、徳島地検は15日、トラックを運転していた菊池誉司(たかし)容疑者(50)=松山市南久米町=を自動車運転処罰法違反(過失致死傷)で起訴した。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状などによると、8月25日午後5時ごろ、鳴門市大津町大幸の徳島道下り線で、時速約90キロで走行中に居眠り状態に陥り、トラックを路肩に停車していたマイクロバスに追突、乗っていた徳島県内の高校生ら16人を死傷させたとしている。

 この事故で、バスを運転していた岡本勉さん(30)=同県阿波市=と、同乗していた県立富岡西高1年、森下汐音さん(15)=同県海陽町=が死亡した。【松山文音】





こんな記事もよく読まれています



コメントを残す