電動の小型トラック発売三菱ふそう、NYで式典 – 京都新聞



 三菱ふそうトラック・バスの電動小型トラック「eキャンター」と同社のリストセーヤ社長(右)ら=14日、ニューヨーク(共同)
 三菱ふそうトラック・バスの電動小型トラック「eキャンター」と同社のリストセーヤ社長(右)ら=14日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】三菱ふそうトラック・バス(川崎市)は14日、ニューヨークで電動の小型トラック「eキャンター」の発売式典を開いた。7月に量産を始めており、今後2年間で計500台の販売を目指す。電気だけで走るトラックの量産に乗り出したのは大手メーカーでは世界で初めてという。

 米電気自動車メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は13日、同社初の商用車となるトラックを10月26日に発表すると表明しており、電動トラックの販売競争が激しくなりそうだ。

 北米と欧州で販売する車両はポルトガルの工場で、日本向けは川崎工場でそれぞれ生産する。

【 2017年09月15日 06時30分 】

ニュース写真

  •  三菱ふそうトラック・バスの電動小型トラック「eキャンター」と同社のリストセーヤ社長(右)ら=14日、ニューヨーク(共同)

京都新聞デジタル版のご案内

地域の経済ニュース

全国の経済ニュース


こんな記事もよく読まれています



コメントを残す