南小国で追突事故 軽トラの運転手死亡 – テレビ熊本



11日朝早く阿蘇郡南小国町の国道で、停車していたとみられる軽トラックに中型トラックが追突、軽トラックに乗っていた男性が死亡しました。11日午前5時10分ごろ、南小国町赤馬場の国道212号線で、阿蘇市方面から大分方面に向かっていた中型トラックが、道路左側の路肩に停車していたとみられる軽トラックに追突しました。この事故で、軽トラックに乗っていた南小国町満願寺の建設業、鎗水孝一さん(62)が全身を強く打ち病院に運ばれましたが約3時間後に死亡、中型トラックの運転手にけがはありませんでした。現場は片側1車線の直線道路で、見通しは良かったということです。追突した中型トラックは、荷物を運ぶため宇土市から大分の日田市に向かっていたということで、警察は運転手に話を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。


こんな記事もよく読まれています





コメントを残す