セブンイレブン、燃料電池トラック導入 物流・店舗を省エネ・CO2削減 … – 環境ビジネスオンライン (登録)



セブンイレブン、燃料電池トラック導入 物流・店舗を省エネ・CO2削減

燃料電池トラック(完成イメージ)

セブン-イレブン・ジャパン(東京都千代田区)とトヨタ自動車(愛知県豊田市)は8月9日、物流と店舗の省エネルギー・CO2排出削減に向けた検討に関する基本合意書を締結したと発表した。

両社は、トヨタが新たに開発する水素を活用した車両や発電機などの導入により、将来の低炭素社会・水素社会の実現に貢献することをめざす。

両社が実施する省エネルギー・CO2排出削減に向けた、具体的な検討テーマは、下記の通り。

物流

店舗向け配送トラック(冷蔵・冷凍車)の動力と、冷蔵・冷凍ユニットの電源を燃料電池から供給する燃料電池トラックの導入。

店舗

すでに導入している太陽光発電と下記アイテムを組み合せたエネルギーマネジメントシステムの導入。

1.自動車用燃料電池ユニットを活用した燃料電池発電機の導入

水素ステーション併設店舗のベース電源として、燃料電池発電機の活用を検討する。

2.自動車用蓄電池を活用した定置型蓄電池の導入

自動車用蓄電池を活用した定置型蓄電池システムを店舗へ導入し、省エネルギー・CO2排出削減に加えて、災害時の非常用電源としての活用を検討する。


セブン-イレブン・ジャパンは、2016年2月、岩谷産業(大阪府大阪市)と提携し、水素ステーション併設店舗を東京都大田区池上と愛知県刈谷市に、2017年3月には宮城県仙台市にオープンしている。

各店舗のステーションとも、水素を製造工場より輸送してステーションで供給する方式で、液化水素貯槽、ドイツ・Linde社製水素圧縮機、蓄圧設備、ディスペンサーなどを備えた設備だ。供給能力は燃料電池自動車(FCV)で300ノルマル立方メートル、1時間当たりFCV6台のフル充填が可能で、充填圧力は70メガパスカル。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す