トラック自動隊列走行 23日から実証実験 経産・国交省と4社 – 日本経済新聞



 経済産業省と国土交通省はトラックメーカー4社と協力し、高速道路でのトラックの自動隊列走行の実証実験を23日に始める。4社が開発したシステムを搭載したトラックが互いの車両の位置を常に把握し、30メートル程度の車間を空けて約15キロメートルにわたって自動走行する。

 新東名高速道路の浜松サービスエリア(浜松市)と遠州森町パーキングエリア(静岡県森町)の区間で25日まで実施する。いすゞ自動車日野自動車、三菱ふそうトラック・バス、UDトラックスの4社のトラックが1回あたり3台の隊列を組み、1日2往復する。

 複数のトラックメーカーによる高速道路での実験は世界初という。30日から2月1日までは北関東自動車道でも実施し、坂道でも問題なく走るかなどを検証する。運送業者の人手不足などを背景に隊列走行への期待が高まっており、政府は2022年の商業化を目指している。




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す