エコモビリティ世界大会が閉幕=台湾・高雄市〔GNW〕 – 時事通信



 【グローブニューズワイヤ】台湾南部・高雄市で開かれていたエコモビリティ世界大会が4日、3日間の日程を終えて閉幕した。同大会は持続可能な発展を図るエコ交通の促進イベント、エコモビリティ世界フェスティバルの全体会議。会期中、低炭素都市として向き合わなければならない課題であるシェアリングエコノミーや公共交通機関、インテリジェントシステムなどが話し合われた。高雄市の陳菊市長をはじめ、各都市の代表者らが立ち会う中、先進的な都市交通の実現を目指す「高雄宣言」が採択された。
 【注】この記事はグローブニューズワイヤ提供。 (2017/10/13-11:24)

【ビジネスワイヤ記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



コメントを残す