地元での就業・職場復帰を希望する方々を雇用「愛南サテライトオフィス」1月開設~愛媛県の『地方創生支援「一社一村」プログラム』に参画:ベネフィット・ワン – 日本の人事部 (プレスリリース)



[企業人事部]

2018/01/10



地元での就業・職場復帰を希望する方々を雇用「愛南サテライトオフィス」1月開設~愛媛県の『地方創生支援「一社一村」プログラム』に参画:ベネフィット・ワン

株式会社ベネフィット・ワン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 白石徳生)は、愛媛県と連携し、地域経済の活性化を目的に「愛南サテライトオフィス」(愛媛県南宇和郡愛南町)を2018年1月5日(金)に開設いたします。

また、愛媛県、愛南町、ベネフィット・ワン3者による『地方創生支援「一社一村」プログラム』に係る締結式を、1月11日(木)にベネフィット・ワン 松山オペレーションセンターにて実施いたします。

ベネフィット・ワンは、国内7,448の企業・団体、会員約754万人(2017年9月時点)に対して、宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービス等、約136万件のサービスを優待価格で利用することができる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」を提供しています。また、2007年より優待サービスの予約手配などのカスタマーセンター機能、バックオフィスの事務処理を行う事務センターの機能を有した松山カスタマーセンター(現 松山オペレーションセンター)を愛媛県松山市に開設し、地域に根ざした企業として現在約500名を雇用しております。

そしてこの度ベネフィット・ワンは、愛媛県が推進している地域経済活性化や雇用促進を目的とした『地方創生支援「一社一村」プログラム』に参画し、愛媛県南宇和郡愛南町に「愛南サテライトオフィス」を開設いたします。

「愛南サテライトオフィス」では、地元での就業・職場復帰を希望する方々を雇用し、松山オペレーションセンターで行っている精算業務、データ入力などの事務作業に従事していただきます。今後同施設では、地域住民の方々との交流を通じ、コワーキングスペース等に活用できる場として、地域コミュニティとの共生を目指してまいります。

ベネフィット・ワンでは、独自の働き方改革「NeoWorks」の推進に向けて、インサイドセールス(※)による効率的な営業や、OB・OG、会員754万人のネットワークを活用した業務委託を開始する等、様々な取り組みを実施しております。

そして今回新たに開設する「愛南サテライトオフィス」を通じて、地域と連携したテレワークの仕組みを構築することで働き方改革を推進させていくと共に、地方での雇用創出・地域経済の活性化に寄与してまいります。

※インサイドセールスとは・・・
オフィスにいながら電話とウェブ会議システム等を使用して営業活動を行うことを指す

「愛南町サテライトオフィス」 概要
開設日: 2018年1月5日(金)
住所: 愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲1988番地1 城辺総合事務所3F
雇用人数: 最大22名 ※愛媛県南宇和郡愛南町周辺在住者を対象に雇用
面積: 78.39㎡
機能: 松山オペレーションセンターの事務センター機能の一部を運営
(各種書類や伝票の照合業務、データ入力、提携施設への確認・問合せ等) 

<報道関係の方からのお問い合わせ>
株式会社パソナグループ 広報室
03-6734-0215

◆ 本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ベネフィット・ワン https://bs.benefit-one.co.jp/BE-ONE/ /12月28日発表・同社プレスリリースより転載)



こんな記事もよく読まれています



コメントを残す